妊娠中のママから子育てママに役立つ情報とお家で出来るお仕事紹介を配信しています 

mama*information

HOME>コラム>不妊>2人目不妊 実は1人目不妊より悩むのです

2人目不妊 実は1人目不妊より悩むのです

1人目が生まれ、子育てに忙しいながらもそろそろ2人目がほしい…周りからも「早く兄弟(姉妹)作ってあげなきゃ」などの言葉にますます焦ります。
2人目不妊の気持ちを多くの人に知ってほしいと思います。

■2人目不妊の原因は?

2人目を考えているのになかなか妊娠しない…1年経っても妊娠できない場合は2人目不妊を考えたほうがいいかも知れません。
2人目不妊の原因は様々なことが考えられます。
1人目妊娠時より年齢も高くなることから男性の精子の数の減少や運動率が悪くなることも考えられます。
又、女性側も排卵数の減少や卵子の質が低くなるなど、加齢により男性、女性ともに妊娠しにくくなる傾向があります。

■意外に多い卵管トラブルも

最初の出産が帝王切開や流産を経験している場合、卵管の周囲が癒着し卵管が閉塞していたり狭くなっていることがあり妊娠しにくくなっています。
病院での検査にもよりますが卵管障害がある場合の通常妊娠は望みにくく体外受精をすすめられることもあるでしょう。

■周囲の言葉を気にしすぎないように

2人目不妊は1人目不妊より肉体的にも精神的にも追いつめられます。
それはなぜか?子育てをしながらの悩みだからです。
1人目不妊の方からしてみれば、「1人目が授かっているのになんて贅沢な悩みなの」と思われることでしょう。
1人目不妊の方からはこのように言われたり、両親や親戚からは、冒頭の「早く兄弟(姉妹)を!」などと言われ、
最近では少ないかもしれませんが、跡取となる男の子を産まなきゃ!というような言葉で精神的に追い込まれていくのです。
そんな中、子育てが加わり不安や心配を抱えていきます。
又、相談できる場所が少ないのも2人目不妊の辛いところです。
周囲の言葉を気にしすぎるとストレスになり身体にも影響します。
負担をかけないように心がけましょう。
パートナーとの意識の共有も大切です。


子育てをするだけでも毎日ヘトヘトになってしまうのに、
心ない言葉に悩まされ、治療を続けている方も多くいらっしゃいます。
私自身も流産をきっかけに卵管閉塞で2人目の不妊治療をしていました。
自分が一人っ子でしたので、兄弟を作ってあげたい気持ちが人一倍強かったのかもしれません。
体外受精まで考えたのですが主人の「長男を大切に育てよう」の一言で、そうだ!自分も両親の愛情を独り占めできて幸せだったことに気づき、2人目をあきらめた頃に次男ができました。
パートナーに話を聞いてもらったり、毎日頑張っている自分へご褒美をあげたり、とにかくストレスを溜め込まない楽しい生活に切り替えましょう。

関連記事 >>もしかして不妊かも?どうしたらいいの?

PR: 妊活中のあなたに!マカザクロサプリメント「ハグクミの恵み」

サイト内検索



mama*informationは
ママの為の情報サイトです

mama*informationへの
ご訪問ありがとうございます。
当サイトでは妊娠中のマタニティーママさんから子育て中のママさんに役立つ情報と
子育てしていても少しは働きたい…そんなママさんの為の情報を配信しています。
情報は現役子育て中のママさんライターが経験や聞いたお話を元に配信しています。

リンク

当サイトはリンクフリーです。
バナーはこちらにご用意している物からお使い下さい。
リンクバナー
相互リンクのお申し込みなどはお問い合わせよりご一報下さい。
お問い合わせ

PR


↑ PAGE TOP