妊娠中のママから子育てママに役立つ情報とお家で出来るお仕事紹介を配信しています 

mama*information

HOME>コラム>妊娠>妊娠したら知っておきたい飲んだら食べたらダメな物

妊娠したら知っておきたい飲んだら食べたらダメな物

初めての妊娠だと知らない事ばかりだったりしますよね。
今回は妊娠初期に知っておきたい摂ったらダメな物を理由も一緒にご紹介します。


■カフェイン

これは知っている方も多いのでは?
飲まないのが一番ではありますが、ママがリラックスできるなら多少飲んでも構わないという先生もいます。
そんな時はカフェインが少なめの玄米茶や紅茶、緑茶系を一杯程度飲むのがいいようです。
コーヒーも飲めないわけではありません。 ただブラックよりはカフェオレなどコーヒーが少なめのセレクトがいいようです。 今は麦茶以外にもノンカフェインのお茶やカフェインを含まないコーヒーもあるので、
気になる方はこちらのご利用がおすすめ。
カフェインは適度なら問題ありませんが、普段から飲まないならカフェイン断ちも選択の一つです。


さて、何故妊娠中はカフェインがダメなのか。
まずカフェインを摂取するとカルシウムが身体の外に出やすくなって、
赤ちゃんの成長に必要なカルシウムが減るという悪影響があります。
鉄分の吸収も悪くなってしまいます。これはいけませんね。

そしてこれは実体験ですがカフェインが赤ちゃんに届くと異様に興奮します。
カフェインが含まれているのを忘れてコーラをちょっと飲んだら、
しばらく寝なくて胎動がどんどん激しくなりました。
興奮するだけでなく未熟な赤ちゃんにとってカフェインによる負担は思ったより大きいのかも知れません。
お茶が大好きな方はノンカフェインのハーブティーなどで上手くティータイムして下さいね。


■アルコール

これももう常識になりつつありますね。
お酒にも缶やラベルに妊娠中の飲酒が胎児の発育に悪影響が~と書いてあります。
臓器や身体を日々成長させているお腹の中の赤ちゃんにとって、アルコールは毒です。
大人ですら分解に時間がかかるアルコール。
妊娠が発覚したらアルコールの接種は止めましょう。
ノンアルコール飲料も増えてきましたが、
コンマ数パーセントのアルコールが含まれている物もあるので要注意です。
最近、「飲む点滴」として妊婦さんにも人気の甘酒も酒粕入りだとアルコール分が含まれているので、
米麹だけで作られている甘酒を選ぶなど注意が必要になってきます。
炭酸の爽快感が恋しい方はたまに炭酸水を飲んだりして我慢。
個人的には炭酸水にオリジナルで甘みを足したり、
果物を入れてオリジナルフレーバーでアレンジした糖分少なめの自家製サイダーを作るのがおすすめです。


■ビタミンA

これは意外かもしれませんね。
妊娠初期の頃にビタミンAを過剰に摂取すると顔周辺の形成異常や臓器に問題を抱える恐れもあるそうです。
妊娠初期は赤ちゃんが臓器や身体の基本を作る大切な時期。
ママとして食べ物には慎重にならないといけない時期です。
ビタミンAといってもこの場合気を付けるのは動物由来のビタミンAです。
野菜は多く食べても必要以上のビタミンは排出されるので大丈夫。
動物由来でビタミンAが多いのは「あゆ、うなぎ、ほたるいか、レバー類(魚の肝も含む)」などです。
妊娠中は鉄分を摂った方がいいからとレバーを食べすぎるのはダメなんですね。
ちなみに鉄分を補給するならほうれん草や小松菜なんかがいいです。
ひじきも鉄分は多いんですが、ヒ素も含まれている為
現在は妊婦さんは食べすぎないようにと言われています。
食べないのではなく、あくまでも食べすぎに注意です。


■生の魚介類

貝類に限らず、お刺身など食中毒の危険がある物は妊娠中は避けた方がいいです。
どんなに重症でも薬を使いづらいですし、脱水症状が起きたら身体への負担は大きくなります。
アニサキスなどの寄生虫やノロウイルスなども心配です。 牡蠣なんかは普段は大丈夫でも、妊娠中は免疫力も落ちるので、
思いもせず食中毒に…なんてこともあり得ます。
よく加熱すれば大丈夫なので生食はできるだけ避けるように心がけましょう。


■水銀を含む魚

水銀を含む魚なんているの?と思いますが、魚はみんなちょっとずつ水銀が含まれてます。
正確にはメチル水銀と言います。
ただ、その量はごくわずか。
その魚を大きな魚が食べて、その魚をさらに大きな魚が食べて…と食物連鎖で、
大きな魚にはそれだけ多くの水銀が含まれてることになります。
例えるならマグロとかですね。
熱を加えたらなくなるという物ではないので、そもそも食べないのが〇。
と言っても週に一回少し食べる程度なら問題はないようです。
上の貝類と同じく食中毒の心配もあるので、
生ではなく加熱して食べるのがおすすめです。


■殺菌されていない乳製品

搾りたての牛乳を飲む人…というか機会もなかなかないでしょうけど、
ちゃんと加熱殺菌と書いてある乳製品以外は避けた方がいいです。
チーズも加熱したものとそうでないものがあるので要注意。


■生卵

卵かけご飯美味しいですよね。
でも妊娠中は我慢しましょう。
先に書いたように免疫力が下がっている妊娠中は
どんなにちょっとの菌でも食中毒になりかねません。
出来るなら目玉焼きなんかも半熟派でも固焼きで食べるとより安心です。


■生肉

今は生肉はなかなか食べる機会がないと思いますが、
例えばレアなステーキなんかも要注意です。
同じく生ハムだったり、スモークしてある肉類も避けたいですね。
殺菌と言う点ではスモークでは不十分です。(美味しいですけどね)
厚い肉では十分な加熱が出来るか心配なので、
カットしてよく加熱して食べるように気を付けたいですね。


■ハーブ

カフェインのお話の時にハーブティーを…と言いましたが、
実は種類によっては子宮収縮作用があったりするので飲めません。
こちらで詳しく紹介されています。
メディカルハーブ辞典 妊婦さん・妊娠中は避けるべきハーブ一覧
レモングラスなどのハーブティーによく含まれているハーブがよくなかったりします。
ローズヒップやハイビスカスのミックスティーなどは妊娠中も安心して飲めるので、
妊婦さん用に配合されたハーブを楽しみたいですね。



食べ物に気を使うのがストレスになったりもする妊娠期間。
妊娠中は赤ちゃんを異物扱いしないように身体が自ら免疫を抑えています。
食中毒の危険が高くなるわけですがどうしても食べたい時に食べられないわけではありません。
ただ、たかが食中毒と言っても命にかかわる事もあるのでリスクもしっかり知っておきましょう。
食べられない物は妊娠前に比べると多いものの食べられる物もたくさんあるので、
慣れて楽しめるようになったらより良いマタニティーライフを過ごせるのでは?
赤ちゃんの為を思って食事を気を付けるのはママとしての第一歩。
しっかり情報収集して食生活に取り入れましょう。

サイト内検索



mama*informationは
ママの為の情報サイトです

mama*informationへの
ご訪問ありがとうございます。
当サイトでは妊娠中のマタニティーママさんから子育て中のママさんに役立つ情報と
子育てしていても少しは働きたい…そんなママさんの為の情報を配信しています。
情報は現役子育て中のママさんライターが経験や聞いたお話を元に配信しています。

リンク

当サイトはリンクフリーです。
バナーはこちらにご用意している物からお使い下さい。
リンクバナー
相互リンクのお申し込みなどはお問い合わせよりご一報下さい。
お問い合わせ

PR


↑ PAGE TOP